医薬ライセンシング協会のホームページへようこそ。
   
  医薬ライセンス協会(Japan Pharmaceutical Licensing Association; JPLA)は
  製薬業界における新薬の共同研究開発、ライセンシング等の実務の経験と知識の交換を行うことにより
  より一層の能力の向上と知識の増進をはかり、あわせて会員相互の親睦を深めることを目的として
  活動しております。
  

What's New

 今後の例会開催予定    

 ・第292回_令和2311日(水)1700~ 三越前駅 室町テラス 3階 「三井ホール&カンファレンス」

                     https://www.mitsui-mice.jp/nihonbashi/muromachi/access/

                       (銀座線三越前 2019年秋オープンの"COREDO室町テラス"3階)

                        ※注意※「日本橋三井ホール」とは別施設です。

 

   講演者:  台湾 The Institute for Biotechnology and Medicine Industry (IBMI)

               韓国 Trade-Investment Promotion Agency (KOTRA


   テーマ: アジア諸国のヘルスケアと事業開発


   講演内容/趣旨:  CEO Magazineによるとヘルスケア制度の充実度は台湾が世界1位、韓国が2位とあり、日本は3位と後塵を拝しています。

           その背景には事業のサポート、インフラ整備などが国家戦略として継続的に行われているだけではなく、多くに個人・機関

           投資でバイオテク産業が活性化していることにあります。また昨今、申請書類の簡便化や共通化など各種セクターを

           超えてのインフラ整備により、臨床開発などが加速されるに伴い、多くのバイオテクやスタートアップ企業が革新的新薬

           研究開発を始めています。

           このような中、JPLAでは台湾と韓国のヘルスケア担当者を招聘し、各国の強みや日本企業との協業、事業展開について、

           講演とパネルディスカッションにて紹介いたします。

                                          今回は台湾、韓国からそれぞれ演者を招待して、日本語で講演いたします。

 

 

 

 ・第293回_令和2625日(木)1700~ 三越前駅 COREDO室町3 8階 「ライフサイエンスハブ」

 ・第294回_令和2918日(金)1700~ 三越前駅 COREDO室町3 8階 「ライフサイエンスハブ」