医薬ライセンシング協会のホームページへようこそ。
   
  医薬ライセンス協会(Japan Pharmaceutical Licensing Association; JPLA)は
  製薬業界における新薬の共同研究開発、ライセンシング等の実務の経験と知識の交換を行うことにより
  より一層の能力の向上と知識の増進をはかり、あわせて会員相互の親睦を深めることを目的として
  活動しております。


 

【第308JPLA例会】

 開催日時:6月21日(金)1700

 場所:日本橋ライフサイエンスハブ(三越駅前 COREDO室町3の8階)

【第1部】

 パネルディスカッション:“細胞医療の実装 ~CAR-T治療を題材として~

 登壇者:

鈴木 憲史 先生(日本赤十字社医療センター 骨髄腫アミロイドーシスセンター顧問)

後藤 太郎 氏(ブリストル マイヤーズ・スクイブ Hematology-Oncology事業部長 執行役員)

宇田 耀一 氏(ミルテニーバイオテク  GMP製品プロダクトマネージャー)

 [司会/モデレーター]平松万里子(ブリストル マイヤーズ・スクイブ)、渡邊武(大塚製薬)

 

[本セッションの目的]

今までに得られない有効性を持った細胞治療が医療手段として定着していく一方で、自社ケイパビリティの問題から、本領域への参入をためらう向きも少なくない。第308回定例会では、実際に細胞治療をされている医療現場、その医薬品とエビデンスを提供する製薬企業、より安定した供給に注力されるCMO企業、という異なるお立場からお話をいただき、すでに社会実装がされつつあり、医療、多くのインフラも以前と比べて整ってきており、企業としても十分取り組める治療技術という認識を共有できる場としたい。CAR-Tのように画期的な治療を待つ患者の皆さまへ、より早く、より良い治療を届けていく必要性・重要性を再認識し、日々の事業/研究開発活動に落とし込んでいくことを狙いとする。


【第2部】 懇親会


ご参加には会員登録が必要です。お問い合わせはこちらから



 

 


幹事着任のお知らせ:

 第306回例会より下記幹事が着任いたしましたのでお知らせいたします。

 ・浅野 由美子 氏       中外製薬(株)

 ・石川 誠 氏          持田製薬(株)

 ・越智 祐介 氏       (株)大塚製薬工場

 ・萩原 哲也 氏       協和キリン(株)

  引き続き医薬ライセンシング協会をよろしくお願いいたします。